ロープウェーー

@Nekomochinの雑記です。時々写真を撮っています。カメラはPENTAX K-3、ASAHI PENTAX SP、Leica IIIaを主に使っています。

INDUSTAR-50で撮って、INDUSTAR-50で引き伸ばしをする。

前回の記事でINDUSTAR-50について書きましたが、今回は実際にINDUSTAR-50レンズと白黒フィルムで撮ってみて、INDUSTAR-50で印画紙に焼き付けよう、というものです。

本当は引き伸ばし専用のレンズを使う。でも今回つかうレンズは普通にカメラにつけて撮影するためのもの。撮影から引き伸ばしまで全部これでやったら面白いんじゃないかなあとおもってやった。

カメラはLeica IIIa、レンズはINDUSTAR-50 50/3.5 沈胴、フィルムはNEOPAN ACROS100です。

朝早く学校に行って暗室でフィルムを現像して放課後にした。

f:id:nekomochin:20170125180139j:plain

こんな感じで白黒用の引き伸ばし機につける。ただマウント形状が合うというだけの話なので、沈胴させないと使いづらかった。カラー用の現像設備がほしい。

f:id:nekomochin:20170125180420j:plain

できた写真。オレンジのランプがついた部屋でバットの液に写真が浸かってるアレ。

できるもんだなあ...。期限切れの印画紙を消費しよう。

これのデジタル版は月末に。

 

 

 

 

 

INDUSTAR-50 50mmF3.5 (沈胴)が届いたぞ。

やっとレンズが届きました。INDUSTAR-50 50/3.5の沈胴タイプです。

スペックはちょっとよく分からない部分があるので、その辺は一覧形式ではなく、じわじわと書きたいと思います。

ライカLマウント。フランジバックは28.8mm。

f:id:nekomochin:20170118234824j:plain

外観は見ての通りエルマーコピーですが、レンズは3群4枚のテッサータイプのようです。コーティングはあるっぽい。ただ少し撮って見た感じ、逆光というか、太陽がある方に向かって使うとフレア、ゴーストがでる。活かそう。

ちらっと距離の目盛りに1がみえている(最短撮影距離が1m)のですが、調べてみると「最短撮影距離1.2m」の記述がおおい。ほんの一部、1mの記述もあるけど。

ま、1mまでまわるし二重像も合うし1mなんでしょ。もしかしたら、年代や工場で違うのかもしれない。

 

レンズ銘板の下側にあるCと丸と三角が合わさったようなマークは製造された工場を示す。このマークは、リトカリノ光学硝子工場(LOZS)。あー、もう1回言ってくれ(池沼)

あとは製造番号が64000127。7桁が多いらしいけど、このレンズは8桁ありますね...たくさん生産する予定だったのかしら。どうやら頭2桁が製造年(西暦)の下2桁を表しているとかなんとか。1964年製造になるのかな。

 

f:id:nekomochin:20170118234916j:plain

沈胴レンズの沈胴たる部分。1番径がおおきいところがマウント部ですね。あとは中に沈みこむ形になります。

でっぱってるキノコみたいなやつは、ピントリングをまわすためのレバーみたいなやつです。

シャッター幕や、カメラの内部にはあたりません。ライカLマウントのLeica IIIaにつけました。

f:id:nekomochin:20170118234849j:plain

横から見た図。無限遠から近距離にピントリングをまわすとケツが後退してカメラの距離計と連動する。

f:id:nekomochin:20170118234529j:plain

IIIaにつけて沈胴させてみる。カメラも合わせて5cmくらいしかない。余裕でポケットに入る。

f:id:nekomochin:20170118234548j:plain

のばして上からみた図。かわいい。

f:id:nekomochin:20170118234515j:plain

絞りは前の内側のリングをまわして操作する。F3.5~F16。絞り羽根は8枚。

 

f:id:nekomochin:20170118234615j:plain

こういうプラスチック製のフードがついてきた。文字をみるに、INDUSTAR-22と共有できるらしい。

f:id:nekomochin:20170118234619j:plain

あとこれも。モノクロ撮影用の黄色フィルター。色を整えてくれます。暗くなりそう。

f:id:nekomochin:20170118234605j:plain

とりあえず使ってみよう。業務用のカラーネガフィルムで試し撮りを行ったところ、特に問題はなさそうなんで、ひとまず実践投入。パトローネがかわいい。

続きを読む

眼を傷めたとおもったら雪が積もった話。

今日は1cmくらい積雪してた。東北やらもっと北の方では珍しくもないんだろうけど、ただでさえ雪の積もらない神戸市のさらに雪が積もらないエリアに住んでいるので、1cmも積もれば大騒ぎで、部活が休みになって、体育館から出て吹奏学部の女の子と雪だるまを作ったり(雪が少ないので小さいやつ)雪を投げあったりするくらい珍しい。去年か一昨年はそんな感じだった。

1年に一度積もるかどうかといったところ。まぁ日が昇りきったら溶けちゃったけど。

清潔感たっぷりなので、雪が積もるのは好きです。雪が積もる地方に移住したい。雪国の人に雪をなめるなとか怒られそうだけど。

朝7時くらいに、少しだけ外に出て写真をとってきたけど、手が悴んでシャッターボタンがうまく押せなかったし、ファインダーもくもった。

f:id:nekomochin:20170115143648j:plain

椿と雪で冬といった感じ。レンズは全部'SIGMA Art 30mmF1.4 DC HSM'

f:id:nekomochin:20170115143749j:plain

積雪といってもわずかなので、こんな感じでところどころ土が露出してて不潔感が

ぱない。

f:id:nekomochin:20170115143901j:plain

適当感がすごい

f:id:nekomochin:20170115143828j:plain

公園。ここだけ切り取るとめっちゃ北海道みたい。狐とか出てきそう。

f:id:nekomochin:20170115143702j:plain

こういう模様ができてたのはとてもおもしろい。

f:id:nekomochin:20170115143958j:plain

フィルムもこめて持ち出した。露出計の電池はいれてなかったからおいてみた。レンズが冷たそう。

続きを読む

風邪をひいたりした

こんにちは。これは夜中に書いています。指定日時投稿便利。

タイトルのとおり、風邪をひきました。土曜から発症。金曜の朝から前兆が合った。誰から風邪をもらったのかは想像がつきます。

熱が39.6度まであがって流石にあせりました。学校ではずっと「金玉が痛い金玉が痛い」といっていましたが、きっと熱で精子が死んでいるのでしょう(適当)。10代で生殖能力を失いたくはない。

12日の午後には熱は下がりましたが、発熱の際に喉と気管支をいためたらしく、今はずっと咳き込んでいます。寝て治ればいいなあ。

最近ずっと、呼吸はちゃんとしてるのに酸欠みたいになります。窓とドアあけててもなる。息止めて50秒目くらいのときの感覚がする。そういうときはいつも窓から顔だして息を思いっきり吐いて吸うのですが、今は強く吸うと気管支が痛むので呼吸の強弱の調節が難しい。人類は衰退しました

クッソ痩せた。特に腕とか。

風邪ダイエット、おすすめです。

続きを読む

フランジバックじゃ

こんばんは。ライカ用のレンズはまだ届かないので試せなくてそわそわしてます。

強引な導入でフランジバックの話をしはじめます。

フランジバック28.8mmのレンズが欲しいですね。フランジバックってのは、レンズ取り付けマウント面からフィルム或いはセンサーまでの距離のことです。

フランジバックと似た言葉として、バックフォーカスというものがあります。バックフォーカスってのは、レンズの最後端からフィルム或いはセンサー面までの距離のことです。汚いですが、図です。

f:id:nekomochin:20170108165204j:plain

ちなみにPENTAX K-3のペンタックスKマウントのフランジバックは45.5mmで、M42スクリューマウントと同じです。もしフランジバックが異なれば、無限遠が合わなくなって、近くにしかピントを合わせられない、というような事が起こります。ミラーがある一眼レフならミラーに干渉してしまってそもそもつかえなかったり。

 

その点ミラーレスはミラーがないのでフランジバックを短くすることができます。つまり、様々なフランジバックのレンズを使うことができます。足りない分はアダプターで伸ばしてやればいいわけですから。ただし逆は無理です。「小は大を兼ねる」といったところ。

要するに、ミラーレスはいろんな規格(フランジバックとか)のレンズをつけて遊べるということです。GOD。

マウントアダプターの役目はマウントの形状の変換とフランジバックの調節にある。

 

NikonのFマウント用レンズ(フランジバック46.5mm)をCanonのEFマウント(フランジバック44.0mm)につけることはできても、その逆ができない理由はこれです。

自分でも読んでで分かりにくいとおもう。ごめん。

-----------

ネタがない。レンズ届いたらそれについてまた書きます。

 

舶来信仰-Leica DIII(Leica IIIa)

ライカDIII(D3)を買ってしまいました。ドイツだとライカIIIとも呼びますね。DIIIは日本での呼ばれ方です。新年早々物欲に身をまかせて金をつかったことについては反省してます。安かったんだもん(反省ナシ)

f:id:nekomochin:20170103160658j:plain

我らがライカ。舶来信仰。エルンスト・ライツを信じろ。ちなみにLeitzのCameraでライカらしい。つまり「ライカのカメラ」という言葉は「ライツのカメラのカメラ」となってしまうがまあええわ(適当)。ドイツ語ほぼ知らんけど、カメラってKameraじゃなかったっけ。そこは英語なんかなあ...?

f:id:nekomochin:20170103160832j:plain

シリアルナンバーが279000~279200の範囲にあたるので、1938年製造のライカDIIIです。なんと戦前!!

しかし、DIIIはシャッタースピードの最高速は1/500のはず。それが本機は1/1000まである。そんなモデルはでてこないので「ん~?」とおもっていたら、戦後の純正改造でライカDIIIをIIIaに改造する、というものがあったそうですね。

つまりこれは、もとはDIIIだけど、戦後に、1/1000が追加されたモデルであるIIIaに純正改造されたようです。改造って大丈夫なのか、と思うけど、純正だし目視ではきちんと動作しているので良しとします。

f:id:nekomochin:20170103161021j:plain

正面。かっこいいね。

注目して欲しいのは上の四角の窓です。これは構図決定用のファインダーになります。ちなみに一眼レフとは違って、レンズを通った光をミラーとプリズムで反射させてファインダーで見るわけではないので、実際にとれる写真と、ファインダーを覗いたときの映像は少しズレます。距離が離れれば気になりませんが近接では注意が必要かも。レーザーサイトみたいなもん。

この四角の窓は、DIIIの後期型、IIIaの後期型にあります。当然他のモデルもこれがありますが、今はこのふたつの話を。前期型は窓のネジ側がネジを囲むような形で細くなっています。

つまり、さらにいえば、このカメラは「元はDIIIの後期型だったが、シャッタースピード1/1000秒を追加されてIIIaの後期型になったカメラ」ということになるかとおもいます。

他の追加機能はありませんから。

前面についてるダイヤルはスローシャッター用。

f:id:nekomochin:20170103160904j:plain

底面。三脚穴えらい位置にあるな。右は底蓋をあけるための部品。裏蓋は開かないので、底面よりフィルム装填を行います。なかにはスプールがはいっています。

f:id:nekomochin:20170103160742j:plain

裏面。右が構図確認用のファインダー。左は距離計ファインダー(ピントあわせ専用)です。左側の穴からは、正面の丸い窓2つからの風景がみえます。二重像結合式で、乱視みたいにふたつに見える像がピッタリ合うところにあわせます。

レンズとのリンクは、底の写真のレンズ取り付ける穴の上側の丸いところで行います。ピントを合わせるためにレンズを動かすとレンズが後ろに後退するのでその動きをその丸い部品がとらえてカメラのファンダーと連動させます。

f:id:nekomochin:20170103161056j:plain

なんと専用ケースつき。さっきいった丸い部品がみえるね。2つの窓も。多分この離れたふたつの窓の視差から距離を求めるんだと思う。

f:id:nekomochin:20170103160620j:plain

このLeicaの文字がありがたい。これぶら下げてると「おお」ってなるね。

ちなみにこのカメラ、すごくちいさい。iPhone6と大体同じ大きさ。沈胴レンズをつければきっとポケットにはいる。

--------

にわかなのでとてもわかりにくく、よみづらいとおもいます。

このカメラはファインダー2つを使い分けてとるし露出計なんかないしでクソ不便です。だがそこがいい。

あと、レンズはまだありません。1月中ごろに入手ということになるかと。

さいごにギャグをいいます。

舶来品アピールが強いライカ 「舶Leica

以上です。

ひとりフィルム写真展12月

今月2回目になります。前回は雑だったので。今回はフィルムオンリーとなります。

また、今年最後の更新となるので、それも兼ねています。

フィルム名は写真の下に記載、カメラは全てASAHI PENTAX SPを使用しています。

コイツです。(この写真はデジタルでとった)

f:id:nekomochin:20161228233007j:plain

使用したレンズはSMC Takumar 50mmF1.4か、Super-Takumar 28mm F3.5です。

それでは本編です。写真枚数も多く、とても長いですが、暇な時にでも、後半美少女の写真もあるので、どうか最後までよろしくお願いします。

------------

f:id:nekomochin:20161228233300j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 うちの犬です。

f:id:nekomochin:20161228233452j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 色がすごい。

f:id:nekomochin:20161228233320j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 ボケが好き。

f:id:nekomochin:20161228233529j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 個人的に、こういう写真は面白いとおもう。平面的な画なのにのっぺりしてなくて、細かいところまで描写されてるのがいい。

f:id:nekomochin:20161228233418j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 自販機

f:id:nekomochin:20161228234009j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 自販機が好き。

f:id:nekomochin:20161228233949j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 SPOT

f:id:nekomochin:20161228233950j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 部のMamiya645PRO

f:id:nekomochin:20161228233954j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 未知の物体っぽい

f:id:nekomochin:20161228233429j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 BAR

f:id:nekomochin:20161228233848j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 パン屋になりたかった

f:id:nekomochin:20161228233906j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 いい

f:id:nekomochin:20161228234004j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 下は黒くつぶれてしまったけど、運よく赤信号がアクセントっぽくなってくれた。まぁよい。

f:id:nekomochin:20161228234203j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 こういう写真が好き。

f:id:nekomochin:20161228233929j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 どうしてこう赤信号ばっかりなん?

f:id:nekomochin:20161228234306j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 部室より。

f:id:nekomochin:20161228234112j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 試験勉強に飽きてきたころ。

f:id:nekomochin:20161228234431j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 酒!貝!というわけ分からん主張がツボ

f:id:nekomochin:20161228234411j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 赤がいいなあ

f:id:nekomochin:20161228234346j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 歩いてる

f:id:nekomochin:20161228233435j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 ライトがピクサーのあれみたい

f:id:nekomochin:20161228234600j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 クリスマス。同級生ありがとう。

f:id:nekomochin:20161228234545j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 八角形のボケと美少女。いじっているのはツイッター

f:id:nekomochin:20161228234552j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 冬の街

f:id:nekomochin:20161228234610j:plain

Fujicolor SUPERIA X-TRA400 夜によくみる

f:id:nekomochin:20161228233826j:plain

Fujicolor NATURA1600 Bf 109 K-4かなあ...。Kは確かクーアフュルスト。

f:id:nekomochin:20161228233754j:plain

Fujicolor NATURA1600 ピントあってないけど可愛い。レンズの反射が上品

f:id:nekomochin:20161228233805j:plain

Fujicolor NATURA1600 暗いとこうなる。クリスマスディナー的な。

f:id:nekomochin:20161228233910j:plain

Fujicolor NATURA1600 みんな大好き高架下。

f:id:nekomochin:20161228233909j:plain

Fujicolor NATURA1600 中華街

 

f:id:nekomochin:20161228233701j:plain

Fujicolor NATURA1600 ここは好き。

f:id:nekomochin:20161228233433j:plain

Fujicolor NATURA1600 広角が好き

f:id:nekomochin:20161228233745j:plain

Fujicolor NATURA1600 寒そうに駆けてる感じが伝われ

f:id:nekomochin:20161228233716j:plain

Fujicolor NATURA1600 白と葉がひとつもない木が清潔感を出してる。自転車こけてるけど。

f:id:nekomochin:20161228233739j:plain

Fujicolor NATURA1600 めちゃくちゃ好きなスポット。

f:id:nekomochin:20161228234139j:plain

Fujicolor NATURA1600 色が綺麗。しゃれた通りを歩く2人もいい。

----------------

写真は終わりです。

今回使用したNATURA1600ですが、これはISO400の感度をもつ乳剤と、1600の乳剤の両方が使われているため、オーバーでも使えるというものです。

多分「写ルンです1600 Hi・Speed」の中身はコイツなんじゃないかな。富士フイルムが今出してる35mmカラーネガでISO1600はコイツだけだし。

 

例えば最後の写真は明るいところで撮っていますが、このときはカメラ側にISO400のフィルムであるという設定をしています。でもちゃんと写る。

粒状感も発色もISO400のフィルムと変わりません。正規の1600設定にすると、Bf 109の写真のように、発色が薄く粒が大きいような写真になります。

 

つまり、本フィルムは大体ISO400~1600の範囲に限られますが、そのときの明るさに応じて撮影途中に感度を変更できるという、デジカメのようなことができます。

便利で綺麗に撮れるフィルムだと思うので、フィルムカメラをもっているならぜひ一度使ってみてください。920円ちょいしますが....。

 ------------

おそらく今年最後の更新になるので。

あんまり誰もみてくれないだろうなあと思って始めたブログですが、意外とみてくれる人が多かったり、高評価っぽいことを言ってくれたりするのでとても嬉しいです。

カメラ・レンズの話しかしていませんが、写真うまくなるのでこれからもよろしくお願いします。今回初めてみたって人はこれからよろしくお願いします...。

カメラ始めようか悩んでいる人や、カメラ買ったばっかりでよく分からないという人は僕に聞いてくだされば、できる限りこたえます。カメラ、買いましょう!!

今年はいい年だった。(小学生並の締め)