ロープウェーー

@Nekomochinの雑記です。時々写真を撮っています。カメラはPENTAX K-3、ASAHI PENTAX SP、Leica IIIaを主に使っています。

君じゃなきゃダメなんだ

タイトルに釣られたみなさんおはようございますこんにちはこんばんは。

恋愛関係の話では全くありません。一種の恋だけど。

最近またカメラを買おうとしているんだけど、よくいわれるコレじゃなくてアレじゃなきゃだめだんだ、という話です。ここでブラウザバックを押す人が50人くらいでますね。

今欲しいのはバルナック型ライカのIIIgです。Leica IIIgで画像検索してみて下さい。イカしたカメラが出てきます。

これはバルナック型(ライカスクリューマウント)のカメラの最終型です。まぁ、最終型・完成型はIIIfだ!という人もいます。それはなぜかと言うと、IIIgはバヨネット式マウントを備えたライカの名作、M3が登場した後につくられたバルナック型だからです。

物凄いスペックの液晶テレビが発売された後につくられたブラウン管テレビみたいなもんです。「新しいタイプもいいけど前の方がよかった」という人はいつの時代にも、どのジャンルにもいるものです。そういう声を反映してのことかはわかりませんが。

IIIgとIIIfの違いは、ファインダーにM3と同じ50mmと90mmのブライトフレーム、パララックス補正機構がある、というのが一番大きいです。それに伴って高さが4mm高くなったり、ブライトフレームの明り取りの窓が増えたり、フラッシュのシンクロが自動になったりしてはいますが、やはりファインダーの要素の方が圧倒的に大きい。

つまり、IIIgはIIIfとM3の中間のIIIfより、みたいな立場です。

ちなみにIIIfがバルナック型ライカの中では最も生産数が多く(流通量が多い)、戦後につくられているためメッキや部品の加工技術も高く品質が安定しているため、人気・知名度ともに高いです。

 

なんで人気があるIIIfじゃなくてIIIgなのかっていうと、IIIaなんかより大きいはずのIIIfでも結構小さく感じるんです。そもそもバルナックライカは「気軽に持ち運びできるカメラを」って開発されたものですから、小さいのは結構なことなんですが。

ほんのすこしの差でも、IIIgはりっぱにみえます

 

今ははっきりいって意識がはっきりしてないし現に何を書いているか自分でも見失ってきたので、ここらで切っておきたいと思います。ヘタでも文章を書くの、集中力が要るしひどくつかれる。

いいことがどうかありますように。俺はいいことを受け入れる体制を整えて、神に祈っときます。