ロープウェーー

@Summi5cmの雑記です。時々写真を撮っています。PENTAX K-3、ASAHI PENTAX SP、Leica IIIを主に使っています。

E.Leitz Summitar 5cmF2

2ヶ月と1週間ぶりの更新ですね。明日は進級認定会議。

レンズの記事です。作例は最後の方。

---

少し前にライカのスクリューマウントレンズを買いました。

Summitar 5cmF2です。カタカナ表記だとズミターが一番近そう。ズミタールと書いているところもある。

というかカタカナ表記は、「ル」の有無の基準があいまい。ズマール(Summar)にはルがあるのにテッサー(Tessar)はルがない。どっちでもいいけどズミターの方が気に入ってます。

f:id:nekomochin:20180308052744j:plain

f:id:nekomochin:20180308052757j:plain

f:id:nekomochin:20180308052751j:plain


f:id:nekomochin:20180308052749j:plain

 

これです。Ernst Leitz Wetzlarの刻印が最高。

純正キャップつき。しかもフィルターもつけてくれた。フィルターは特殊な形のもので、径36.5mm。フィルター取り付けのネジがズミクロンとは違うところに切ってあって、共有できない。フィルター付きはマジでありがてぇ...。

見ての通りの沈胴タイプ。距離計表記はFeet。Mtrはありません。

絞りはF2~16まで無段階で変化します。戦前モデルはF12.5まで。

写真にも写ってるんですけど、製造番号は[Nr.979173]で、1952年製。銘玉ズミクロン発売の前年。ひゅう。

このレンズは1939年から1955年まで、17万本ほど、Nr.487001~Nr.992000まで作られているので、結構後期のもの。

てか長い事作られてんな。

このレンズには「コーティングあり・なし、六角絞り・丸絞り」のバリエーションがあって、このレンズは「コーティングありの六角絞り」です。コーティングは戦後より。

f:id:nekomochin:20180308061553p:plain

レンズの構成図。上がズミター、下がズミクロン

レンズ構成は、4群7枚。コレを改良したのがズミクロンで、1枚目と2枚目が貼り合わせられていません。これによって屈折回数を増やし、そこで収差を補正したがために、あの有名なズミクロンの写り(持ってないから知らんけど)が得られたわけです。

張り合わせられていたレンズを離すと、反射も増えます。

すべてのレンズの反射率が4%(各面の透過率が96%)だとすると、ズミターは(1-0.04)^8=72%で、入ってくる光の約28%をロスですが、ズミクロンだと(1-0.04)^10=66%で、34%のロス。

反射が大きいと、その分フィルムに光が届きにくいので、不利です。(昔はフィルムの感度が低かった)

不利になるとまずいのでは(小学生並の感想)って感じですが、そこはコーティング技術によって解決します。(それ以前に作られたレンズにはコーティングがない)

コーティングを施すことで、レンズ各面の反射率を下げることができます。これで暗くなる問題は解決。

あと、絞りは六角形なんですが、角を作っているブレードの間に、隙間を埋めるように、弧のブレードも入ってます。バラすと大変。

f:id:nekomochin:20180308052735j:plain

 

ボディに付けるとこんなかんじ。Germany。ボディの側面の曲線どエロいっすよね。

綺麗なIIIfセルフ付きがほしいなぁ...。それかIIIg

本当は「安物コピー品とはマウント部のネジのつくりが全然違うぜ」とか長々と書きたいんですけど、退屈だとおもうので、ライカIII型で撮った作例いきましょう。

---

 

f:id:nekomochin:20180308070105j:plain

絞り開放

f:id:nekomochin:20180308070107j:plain

絞り開放

f:id:nekomochin:20180308070117j:plain

たぶんF5.6

f:id:nekomochin:20180308070121j:plain

多分F11

f:id:nekomochin:20180308070124j:plain

f:id:nekomochin:20180308070132j:plain

f:id:nekomochin:20180308070144j:plain

f:id:nekomochin:20180308070148j:plain

f:id:nekomochin:20180308070156j:plain

f:id:nekomochin:20180308070200j:plain

f:id:nekomochin:20180308070203j:plain

この奥への感じいいよね

f:id:nekomochin:20180308070211j:plain

f:id:nekomochin:20180308070329j:plain

f:id:nekomochin:20180308070334j:plain

f:id:nekomochin:20180308070339j:plain

f:id:nekomochin:20180308070344j:plain

f:id:nekomochin:20180308070348j:plain

f:id:nekomochin:20180308070357j:plain

f:id:nekomochin:20180308070359j:plain

f:id:nekomochin:20180308070403j:plain

f:id:nekomochin:20180308070428j:plain

f:id:nekomochin:20180308070438j:plain

f:id:nekomochin:20180308070454j:plain

f:id:nekomochin:20180308070452j:plain

f:id:nekomochin:20180308070457j:plain

f:id:nekomochin:20180308070505j:plain

f:id:nekomochin:20180308070510j:plain

f:id:nekomochin:20180308070515j:plain

f:id:nekomochin:20180308070518j:plain

f:id:nekomochin:20180308070522j:plain

f:id:nekomochin:20180308070528j:plain

f:id:nekomochin:20180308070532j:plain

f:id:nekomochin:20180308070537j:plain

f:id:nekomochin:20180308070732j:plain

これは城崎でとった。絞り開放。周辺のボケがぐるーっと回ってるのが分かると思う。

城崎にもライカ持ってったので、それについてはまた後日。

---

めちゃめちゃたっぷり載せた。

全部フィルムです。C200だったりPRO400HだったりPortra400だったり。

 

絞ると素直に良く映るしすごい。

絞りを開けるとぐるーっと回ったり、にじんだりする。つかってておもしろい。

---

Twitter,Flickrにもあげてますよろしく。

 

twitter.com